10年間の不倫関係どうするか

c0297690_20485736.jpg
40代主婦。10年間に及ぶ不倫の関係をどうするか悩んでいます。
彼は元々友人だったのですが、友達以上恋人未満といった感じでした。
きちんとお付き合いしたいと思い始めた頃、私は以前から決めていた語学留学に出発。
帰国する直前、彼が結婚したと友人から聞きました。もう会うことはないと
思っていましたが、たまたま再会し、そこから不倫関係になりました。
ズルズルと続けるうちに結婚適齢期となり、焦りを感じるようになった頃、
夫と出会って結婚しました。不倫相手の彼には、別れ話をし、しばらく連絡も
会うことなかったのですが、やはりまた元に戻ってしまったのです。
今はお互いに子どももいて幸せな家庭がある身。これからどうなっていくのか心配です
。会うべきではないとは思いますが、自分でもどうしたらいいかわかりません。
友人だった時期も長く、別れれば友人を失うような感じもしています。(千葉・C子)
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

不倫をやめたい気持ちがあるのに、なぜやめられないと、あなたは
考えていらっしゃいますか?あなたは幸せなご家族をお持ちです。でも
どんなに「良い夫」でも自分が求めているものを100%与えてくれることはありません。
あなたが足りないと感じているものが、性的なことにしろ、心のときめきにしろ、
友人同士の共感にしろ、夫に求めても得られないものを別の男性に求めており、
その相手が「彼」なのだと思います。夫婦の関係で満たされないことを、
別の異性に求めるのは、手っ取り早く簡単です。若いうちは、それしか浮かばないかも
しれません。しかし、これからあなたは40代を過ぎて50代になるのです。
心も成熟していく過程のなかで、不倫以外で満たされない心を埋めていくすべを
見つけることも大切ではないかと思います。例えば、本を読み、物を書く。
ご自分の心を見つめながら考え表現することの積み重ねが不倫との関わり方に
変化を与えてくれるように思います。(海原純子・心療内科医)「参考・読売新聞」

[PR]
# by kintubalove | 2017-12-08 21:00 | 人生案内

正しく 迷わず 誠実に

c0297690_17565935.jpg

知者(ちしゃ)は惑(まど)わず、仁者(じんしゃ)は憂(うれ)えず、
勇者(ゆうしゃ)は畏(おそ)れず。

知者不惑、仁者不憂、勇者不懼。(子罕九より)

【訳】知者は判断力あるので、迷うことがない。仁者は心が広く、ゆとりがあるので、
心配することがなく、勇者は強い心があるので、恐れることがない。

自分の行動や生き方に自信が持てたらいいと誰もが思うものです。正しい判断が
下せること、人に優しくできること、やるべきことをしっかりとできること。こんなことが
できたら、人は自信を持つことができ、素晴らしい人になれるのではないでしょうか。
知者、仁者、勇者は、どんな人なのでしょうか。知者は色々なことを知っています。
それは単なる知識だけなく、人としてどうあるべきかいうこともよく理解しています。
だから自信を持って行動し迷いません。仁者は、思いやりの気持ちや誠実さを持って
います。それを自分がどんな境遇にあっても形にすることができます。自分が困難に
ぶつかったり、悩みを抱えている時には、人に優しくすることは難しいことです。でも、
仁者はできるのです。心が安定しているので、余計な心配はしません。勇者は
どんな時にも決断力と実行力を発揮できます。正しいことがわかっていても実行するには
勇気が必要な時もあります。迷わず実行できる強さが勇者にはあります。だから恐れを
知りません。知、仁、勇。この三つが揃ったら、もう君子と言えます。知者、仁者、勇者。
あなたは、どのタイプでしょうか。自分らしく実行できることから始めてみましょう。

『豆知識』
巧言令色(こうげんれいしょく)という四字熟語は「巧言令色、鮮し仁」という章句に
出てきます。巧言はお世辞、令色は作り笑いを表します。どちらも心がこもっていません。
うわべだけを整えて、こびへつらうことを意味します。

[PR]
# by kintubalove | 2017-11-15 21:00 | 学び

恋愛・結婚のブログ

c0297690_21193621.jpg
「恋愛・結婚のブログ」のジャンルだから、いわゆる「不倫」「婚外恋愛」のことを
綴っている方もいるわけで。誰にも話せないから匿名で自分の気持ちを綴ることで
落ち着いたりする人もいるのだろうなぁ。上位のランキングを時々見ているけれど、
やっとイヤラシイ写真がアップしていたブログがなくなってちょっとホッとしているところ。
よくエキサイトも許してるわーって思っていたから。

他の方のブログも時々読んでいたけれど、久しぶりに読んだら、ある方が
なんと別れたらしい。前のブログから2014年に引っ越してきてから、もう3年だから
それ以上のお付き合いなんでしょ。
しかし「おこづかい」をもらっていたとは知らなかった...。
不倫で、お金をもらってるひとがいるんだって驚いたわ...。
相手は社長か何かか、お金を持っているひと?どれくらいの金額か?
なんてふと考えたりしたけれど、子どもの進学に使うってすごいなぁ。
旦那や子どもが知ったらどう思うんだろう。
いやそれ以前の話か。

もうひとつのブログの方もだいぶ長いお付き合いらしい。
そしてこのふたりも別れたと思ったら、またしてるし(笑)
この女性は年下の彼氏さんもいたりして
かなり派手な男性関係を持つひとなんだな...。

さて「おこづかい」をもらっている方の記事を読むと
相手が寂しくてメールなり電話をしてきているらしい(笑)
結局のところ、他にオンナがいなければ、しばらく会わないと
思い出すことになるのだろう。
(それは身体の相性のこと)
人のことを言えるはずもなく、私も不倫をしていたことがある。
それほど男性経験は多くないから、なんとも言えないが
身体の相性というのは、絶対あると断言できる。
優しくて、顔も良く、スタイルもいいし、誰もが申し分ないイイ男でも
あちらの方が、イマイチでした。っていうのがあるのだから。
結婚は生活があるが、不倫関係は身体の相性がどうかに、かかっている(笑)
それが楽しくなければ、不倫している意味がないのだと思う。

[PR]
# by kintubalove | 2017-11-15 02:00 | わたし

日々退屈 価値のない人生

c0297690_20103998.jpg
30代主婦。夫と二人暮らしです。退屈で価値のない人生を送っています。
スーパーに行ったり、ご飯を食べたり、お風呂に入ったりして、寝るだけの日々です。
昔から時間に追われることが苦手な私が、時間を持て余しています。趣味はありますが、
それすら面倒になってきました。これといった目標もなく、息が止まるその日まで
生きるのみという感じです。せっかくこの世に産んでもらったのに親に申し訳ない
気持ちになっています。周りからは、こんな陰気くさい考えを持っているとは
思われないでしょう。外見で困ったこともなく、おしゃれも好きですから。
夜になると気持ちが少し楽になります。やっと一日が終わるからです。
「明けない夜はない」などと言いますが、”このまま明けなくてもいいのだけれど”と
思ってしまいます。「努力は裏切らない」と聞きますが、無駄な努力はあると思います。
(山口・N子)
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

あまりに退屈な日々の中、どんなことにも無感動になり
「夜が明けなくてもいいのだけれど」と思うようになっているのですね。かなり重症です。
でも買い物に行き、ご飯を食べるなどの日常は続けておられるし夫と二人で暮らせて
いるのですから、「むなしさ」の底にはついていませんね。
「明日が楽しみ」という日々へと抜け出る余地があるように思います。
そのためにどうしたらいいか。あなたには具体的な障壁はないのですから、
そこから自分を旅立たせるのは、自分でしかないように思います。
あなたは、価値のない人生を送っていると自ら言っていますが、
人は誰も一回限りのかけがえのない人生だからこそ、
努力は無駄とは思えないのです。
あなたは「飛べない鳥」ではなく「飛ばない鳥」飛ばなくてもエサが与えられているから
「飛ばない」のでは?行き先も決めずにやみくもに一度飛んでみたらどうでしょう?
皆、そうするしか術がないから飛ぶのです。その未知性、冒険性こそが醍醐味なのです。
自分の人生を自分で動かしてみましょうよ。
(久田恵・作家)「参考・読売新聞」

[PR]
# by kintubalove | 2017-11-12 21:00 | 人生案内